SAYA072161859

仕事が楽しくない理由は、人間関係にあるらしい、ということがわかりました。

対象となる人間は、上司、同僚、部下、お客様、などです。

このうち上司、同僚、部下は自分の属する会社の組織の一員です。

組織には上下関係があります。

効率的にビジネスをこなすために必要な関係です。

別に偉い偉くないという関係ではありません。

ただ単に役割が違うだけです。

そして役割には責任がついてきます。

役割と責任はワンセットです。

社長の役割と責任、部長の役割と責任、平社員の役割と責任。

役割と責任の内容によって、給料が変わってきます。

まあ、こんなことは社会人のみなさんならとっくに理解されていることでしょう。

役割と責任について、最近ではジョブ・ディスクリプションという形で明文化する会社も多くなってきました。

特に外資系の企業では明確に示されています。

そこに等級(ジョブグレード)がくっついていて、給料と連動する仕組みになっています。

ここまで役割と責任が明確化されていたら、さぞかしスムーズに仕事ができることでしょう・・・・

と思ったあなた、残念でした。

私は長く、その業界の世界No.1グローバル企業に勤めてきました。役割と責任は明確でした。

しかし仕事は、プロジェクトや相手先や競合他社によってどんどん変わってきます。

どんどん例外事項が生まれてくるのです。

紙の上で、線を引っ張ってでここからここまではあなた、こっちは私というように分けられません。

ダブりもあるしモレも出てきます。コンサル会社お得意のMECEは不可能なのです。

そうすると、何が起きるのか?

オレはちゃんとやったのに、オマエはやらなかった。だからこんな問題が起こったのだ。

この問題はあなたの問題だ。私の役割範囲ではない。だから私には責任はない。

そうやって互いに相手を責め合う組織の一丁上がりです。

いくら役割と責任を明確にしたところで、それを扱う人のレベルが低ければ、問題は次々生み出されて、

人間関係はボロボロになっていきます。

そんな組織に運悪く入り込んでしまったら、どうやって上手な人間関係を構築していけばよいのでしょうか?

どうやれば人間関係の悩みを解消し、仕事を楽しくできるのでしょうか?

回りの上司や同僚、さらには会社の上層部まで巻き込んで、社内改革をしなければならないのでしょうか?

社内革命家になれと???

答えは簡単です。

社内革命家ではなく、自分に革命を起こす人、になれば良いのです。

回りを変えるのではなく、自分が変わるのです。

上司や同僚や社長を変えるのは無理です。

その人たちは他人だからです。

あなたは他人を簡単に変えられますか?

一番身近な家族だって無理でしょう。

ましてや会社組織にいる他人を変えられるわけがない。

なら、自分が変わればよいのです。

自分を変えるのは簡単です。

まず最初にやることは

「私は変わるんだ」

と強く思う事です。

自分で宣言することです。

心で強く決心することです。

すべてはここから始まります。

私は変わるんだ、と強く思いこんでください。

これができないと、あなたは一生かわりません。

何を言う!私は今まで何回も変わろうとしてきた。そのたびに決心してきた。しかし変われなかった。

今更そんなこと言ってもダメ、ダメ、信用できない。

そう思ったあなた。

なぜここであきらめるのですか?

もう1度チャレンジしてみましょう。

今回の取り組みは、それだけの価値があります。何度でもチャレンジする価値があるのです。

まだクリアーできてないからこそ、その問題が今、目の前に立ちふさがっているのです。

まずは決心すること。

私は変わるんだ、と。

すべてはここから始まります。

あなたの輝かしい未来に向かっての新しい第1歩が始まるのです。