35a2f9da1e4db37c9922997965ed91ee_l

昨日ある人と話をしていたら、アメリカ人のキャリアアップに関する話題が出ました。

アメリカ人には、会社に対する忠誠心というものがほとんどないというのです。

いとも簡単に同じ業界、同じ職種の別の会社に転職します。

しかし、彼らは今いる会社で仕事をしない、というわけではありません。

むしろ一生懸命仕事をして、実績をあげます。

彼らは仕事ができるのです。

その実績をひっさげて、次の会社に行くわけです。

当然、サラリーや雇用条件のよい所を探します。

その会社に留まろうとする人は、むしろ仕事ができない人が

多かったそうです。

私が以前働いていた業界でも、横に動く人が多かったですね。

同じ業界の別の会社に転職するというケースです。

会社員が仕事のスキルをアップさせるには、今いる会社で頑張って、

実績を上げるのが一番です。

そのスキルを持って、給料の高い会社に転職し、

転職した会社でまた、スキルをアップさせて実績を上げ、

その実績をもってまた転職する。

日本もだんだんそうなってきていますね。

転職業界花盛り。

エージェントとよばれる紹介会社、

エグゼクティブサーチとよばれるヘッドハンティング会社、

転職支援会社などなど。

私が気になったのは、

転職する人の動機付け、モチベーションが何か? という部分です。

アメリカ人の場合はサラリー、つまりお金だったようです。

日本人の場合はどうでしょうか?

もっとレベルの高い仕事がしたい?

キャリアアップのために

業界でトップの会社に行きたい?

グローバル企業に行きたい?

逆に転職しない人は、サラリーは低くても楽しく仕事できる。

今やっている仕事が面白い。

周りが自分を認めてくれている。

お金や権威付けだけではない、何かがあって動かないのです。

もちろん、動けない事情がある、家庭の事情がある、なかなか動けない性格だ、

動くリスクを負いたくない、現状維持のほうが安心だ、

自分だけは会社が手放さないだろうという錯覚、

などもあるでしょう。

そう言えば「ハーズバーグの動機付け衛生理論」

というのを思い出しました。

仕事に対する満足をもたらす要因と不満をもたらす要因は違うということ。

満足をもたらす方は動機付け要因。

仕事の達成感や自己成長など。

不満をもたらす方は衛生要因。

給料や拘束時間、管理方法など。

衛生要因を高めたも不満は解消されるが、

モチベーションは上がらない、という理論です。

私は、動機付け要因を高める方法を広めていきたいと思っています。