助成金とは、融資とは異なり、返済の必要がない資金を指します。

大きく分類すると、雇用関係のもの(主に厚生労働省)と、研究開発型のもの(主に経済産業省)に分かれます。

経産省管轄のものは補助金とも言われています。

都道府県管轄のものもあわせると、年間3000種類のもの助成金が公示されるそうです。

経産省の補助金は厳しい審査があります。

しかし厚労省の助成金は、申請すれば、要件に合致してさえいれば、

ほぼ100%の確率で承認され、お金がもらえます。

受給条件は

□正社員を1名以上雇用していること

□雇用保険、社会保険を払っていること

 (社員5名未満の個人事業主は雇用保険のみでもOK)

□半年以内に会社都合の解雇をしていないこと

□残業代未払等、労務違反を犯していないこと

です。

上記の条件に合致するなら、ほぼ100%受給可能です。

例外として、法律違反、労務違反している場合は受け取れません。

犯罪となる行為はもちろんNGです。

従業員のいない一人代表の個人事業は、ダメです。

あとは助成金の種類に合わせて必要な仕組みや書類を作ればよいだけです。

詳細については弊社までお問い合わせください。

来る6月14日に助成金セミナーやります。

無料です。ぜひお越し下さい。

セミナー情報